美術鑑賞が大好きです

私の趣味は美術鑑賞です。近くの美術館で開催される展覧会には頻繁に足を運びますし、旅行の際もその土地の美術館に行くことにしています。自分の感性に響く作品と出合えたときの喜びは何ものにも代えがたいものです。

私が美術を好きになったのは、ある友人のおかげです。その友人は学芸員として美術館で働いているのですが、あるとき私を美術館に誘ってくれたのです。鑑賞の際は素人の私にもよくわかるよう懇切丁寧に説明をしてくれました。また、運よくその展覧会が私の好みに合っていたのです。この鑑賞の楽しい経験をきっかけとして私は美術に興味を持ち始めました。

それ以来、いろいろな展覧会を見て回るだけでなく、美術関連の本を読み漁りました。キュビズムや抽象表現主義の作品のように普通の人の美の感性ではよくわからないであろう作品も、教科書でそれらの作品の背景にある意図などを理解することで、楽しめるようになりました。

美術に興味がある、でも難しそうと思っている人も多いと思います。美術を楽しむ方法はいろいろですが、一つには私のように美術の鑑賞と勉強を並行して進める方法があります。作品は知識に頼らず自由に観ろ、とよく言いますが、そのような方法ではよくわからない作品があるのも事実。美術の教科書で知識を取り入れるのも必要でしょう。その上で美術館に足を運び、実際に作品と向き合うのがよいと思います。

ピーピングアイズ 入会